2018年12月10日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

奇跡

最近、生徒と合唱コンの話になることが多い。彼らは聞くたびに自分のクラスを優勝候補と言うので、聞いていると結構面白い。

「いや、その学校優勝候補のクラスばっかやな(笑)」

って思わず突っ込みたくなるが、そこはグッと堪える。(たまに突っ込む。)

もはや優勝候補の定義なんやねんって感じだ。

ああ、どうやら今日も日本は平和なようで。

 

そういう話を聞いていると、僕も懐かしい気持ちになり、中学校時代の合唱コンの記憶なんかを思い出す。ちなみに僕の中3の時の曲は、『虹』(森山直太朗)と『道』(EXILE)だ。

まあ、順位は測定不可能だったのだが。

測定不可能なんてカッコつけたが、4クラス中、金賞(1位)でも銀賞(2位)でもなかったと言うだけなので、察して欲しい(笑)

 

潜在的に合唱コンが意識に刷り込まれているので、ついつい、YouTubeで合唱曲を聞いてしまう。合唱曲の定番は全国区みたいで、流していると、なんだかこれまでに聞いたことがあるような歌がよく流れる。

「あ〜、懐かしいな。」とか「これなかなかリズムがすきなんだよな〜。」とか、色々1人で思い出にふけっている(笑)

調子に乗って口ずさむも、ワンフレーズ歌ったらあとは鼻歌になる。さすがに1年に1回聞くレベルの歌の歌詞までは覚えてない(笑)

(ちなみに、生徒にも曲知っているよアピールで歌詞の一部を歌うのだが「せんせー、それ歌詞違いますよ。」って冷たくつっこまれる。)

 

そんなある時、懐かしい曲が流れてきた。序盤の入りの時点でわかる。そう、『虹』(森山直太朗)だ。終始、中学校の合唱コンの思い出を思い出しながら聞き入る。(あんまり覚えていないんだけど。笑)

曲も終わり、懐かしい曲だったな〜とか思っていると、YouTubeは次の曲へ切り替える。

 

そこでまた同じ感情になるのだ。

「いや、デジャブかよ。」

とか1人で突っ込む暇もなく、またしても過去の合唱コンの思い出が頭を過ぎる。(これまたあんまり覚えていないのだが。笑)

驚くべきことに、もう一つの懐かしい曲が流れてきたのだ。

 

そうだ、『道』(EXILE)である。

YouTubeめ〜。優秀すぎるぞ。

 

小さな奇跡に感動した瞬間だった。

 

 

 

 

 

なんとか日が変わる前に書き終えた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。