2019年6月21日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

物忘れ

今みたいな季節の変わり目になると、どうも風邪ひきが増えてくる。だがそんな時こそ言わせて欲しい。(あらかじめ言葉遣いに関しては謝罪をしておきます。ごめんなさい。)

 

 

 

「この軟弱者!

風邪引く前に引いた時用の予防線張るのやめい!

病は気からや!」

 

 

その証拠に僕はまだ室内では半袖だ!

気持ちで勝っている!

小学生にも負けずに半袖で授業をして、合間にしっかり鼻をかむ。喉が痛いからのど飴も。

 

おっと、鼻水が止まんねぇ。

くしゃみも止まらねぇ。

おまけに喉も痛いぞ。。。。

 

 

季節の変わり目だからかな。。。

 

 

 

そんな僕は最近、物忘れがめちゃくちゃ激しい。あまりの激しさに、何か思いつくたびにメモをしようと心がけているが、メモをしようと決めたことさえ忘れる始末だ(笑)

 

よくある例としては、

・100均に必要だと思った備品を買いに行ったはずなのに、違う気になるものが目についたら、そっちだけ買って帰ってしまう

・いいネタを思いつき、ブログを書き始めるも、前振りを書き終えたところで、何について書こうと思っていたかを忘れる。

・ホワイトボードのペンや赤ペンをほんの10秒前にどこに置いたか忘れる。

・どの学年に話をしたかを忘れる。

・パソコンを開いた瞬間になぜ開いたのかを忘れる。

・2分で覚えるように言ったのに、何分から覚え始めたかを忘れる。

・カップの春雨スープを食べるのに、「お湯を入れてから蓋をして3分お待ちください」という説明書きを読んだ直後に蓋を捨てる。(これはうっかりか。)

 

などなどだ。多いのは、何か考えている時に、他の情報が入ってくると忘れてしまうということ。記憶力じゃないような気もするが、後から思い出そうとしても思い出せないことの方が多い。人間の集中力なんて、簡単に他のことに意識を持っていかれる。悔しいぜ。

 

これは、勉強でもいっしょだ。

授業でやったはずのことだって、家に帰るまでにいろんな情報に遭遇するから忘れる。さっき見たはずの問題だって、その後に他の情報を見ていたら忘れる。一度間違えてやり直ししたはずの問題も、時間が経てば解き方を忘れることだってあるだろう。

 

人間、忘れる生き物だということを理解しなければならない。(これ、意外と理解していない子どもたちが多い気がする。)

だが、頻繁に繰り返すようなことは忘れない。歯磨きの仕方を忘れないし、学校へ行く道を忘れることもなければ、箸の持ち方を忘れることだってないだろう。

 

じゃあ、勉強も同じようにしたらよくね?

生活に必要なことレベルに毎日繰り返せばいいのだ。同じ問題であれ、時が経てばまた意味あるものになる。面倒だし、いろんな問題集に手出していっぱい問題解いてた方が、勉強してる気にはなるんだけどね。

 

3日に1回3時間やるなら、3日間毎日1時間やれ!

 

「気づいたら〇〇(覚えるべきこと)を口ずさんじゃってました(笑)」

これぐらいの勢いで頑張って欲しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。