2018年12月10日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

一喜一憂するな!

模試の結果に一喜一憂する子がいる。

もちろん良い結果が出ればそれをモチベーションにして次回も頑張って欲しいのだが、下がっちゃった時はどうすんの?って感じだ。

それによかった時も満点なら良いけれど、それ以外は何かしらの間違いがあるよね?修正点があるよね?って話になる。

 

あくまで受験生たちの目標は志望校合格だと思う。

模試でA判定を取ることでもなければ、自己最高点を取ることでもない。

模試でずっとA判定でも本番失敗したら不合格になるし、逆にずっとE判定でも本番たまたまうまくいけば合格する。

模試なんてただの現在地の確認にしかすぎない。

 

だから模試の結果が帰ってきた時に、受験生がすべきことは喜ぶことでもなければ、落ち込むことでもない。

自分の現在地を確認し、淡々とやり直しをすることだ。

模試の結果に心を揺さぶられている場合ではない。

返却された模試の点数は変わらないのだから。

 

それよりもこれからの点数を上げることを意識しよう。

前回から何が成長して、今後何を克服していく必要があるのか。

そういったものを冷静に分析して、次のテストに繋げる。

そして、本番の入試では受かるべくして受かる態勢をつくること。

僕は模試において、これが大事だと思う。

 

 

ということで、来月の14日に親知らずを上下二本抜きすることが今日決まり、今、僕は激しく落ち込んでいるので、ここまでにしたいと思う(笑)

コメント一覧

匿名2018年11月29日 7:29 PM /

親知らずで一喜一憂してはならぬ。

    すみ2018年11月29日 11:05 PM /

    全くもってその通りです(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。