2019年1月23日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

希望を語る人、不満を語る人

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」

by井上靖

 

まさにその通りだと思う。

勉強を口では頑張りたいと言うものの、なかなか行動に移せない人がいる。

そういう人に限って、現状に不満ばかり言うものだ。

 

家が集中できないから。

学校の意味ない課題が多いから。

参考書がよくわからないから。

頑張っても成績全然上がらないから。

 

 

そんな不満は聞きたくないねん!

不満を言ったところで現状は何も変わらないのに、文句ばっかりたれて何も自分の行動を変えようとしない。

それで成績が上がるわけがないだろう。

 

家が集中できないなら、集中できる環境で勉強すればいいだけの話だ。

学校の課題が意味ないと思うなら、先生に伝えるなり、自分で意味あるものにしていけばいい。

そもそも何目線で意味ないものだと判断している。

参考書がよくわからないなら、わかりやすい自分にあった参考書に変えるなり、参考書を理解しようとするなりの行動を示せばいい。

頑張っても成績が上がらないのは、頑張り方を間違っているか、頑張りが足りないかのどちらかだろう。(圧倒的に後者が多い気がする。)

 

怠けているから、本気で現状を変えようと思っていないからこそ、不満が出てくるのだと思う。

不満をたらす前に、まずは行動に移そう。

そうすれば、希望を語る人間に変わっていくだろう。

 

僕は希望を語り続ける人間でありたいなぁ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。