2019年8月26日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

ブラック労働

今日も朝から勉強会だー!

塾の特性上、休日の方が忙しくなる。

 

結構前からブラック労働なんかが話題に上がっているが、実際、学生時代の生活の方がよっぽどブラックだ。

高校生の1日なんかかなりプラックだろう。

福岡の高校生の1日は7時半の朝課外から始まる。

僕は家が近かったから7時20分に出れば間に合っていたものの、遠い人は6時ぐらいに家を出ていたらしい。

朝に弱い僕からしたら考えるだけでもゾッとするような早さだ。

 

そこから授業は16時から17時ぐらいまであり、そこから夏場は19時半ぐらいまで部活をする。

そして家に帰ってからは次の日の予習や学校での課題だ。

疲れ果てた体に鞭をうち夜遅くまで勉強に励む。

 

部活に関しては好きでやっていると言ってしまえばそれまでだが、学校側も「うちの学校では生徒の8割が部活に入っていて〜」みたいなことをいうぐらいなので、部活を推奨していると言っても過言ではないだろう。

 

福岡の高校は朝課外もあり、特に拘束時間が長いという。

その改善策として、朝課外の自由化を採用することになっているが、取らないという生徒を呼び出して取るように説得しているようでは全く意味がない。

しかも受講自由の朝課外で授業を進めるようなカリキュラムでは生徒も休むわけにはいかなくなる。

 

高校生なら思い切って拘束時間を短くしてしまえば良いのになぁ。

まあ簡単には踏み切れないんだろうけど。

 

ちょっと何が言いたいのかわからなくなったが、今日はブログに飽きたのでこれにて終了(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。