2019年10月21日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

塾の出入り口

昨夜、塾終わりにホッと一息ついていた時のことだ。西鉄ストアに用があったのだが用があったことさえ忘れていた僕は、ギリギリになって、ふと用事を思い出した。すぐに時計を確認したところ22時52分だ。その瞬間に僕は自分の頭をフル回転させた。

「西鉄ストアの閉店時間は23時。移動に5分、買い物に1分、会計に1分。今が22じ52分何秒かはわからないが、秒数のところを考慮しても間に合うぞ。よし、いける。」

謎の自信を胸に、閉店間際に駆け込む迷惑な客になることを決意した僕は、急いで塾の階段を駆け下りる。もう頭の中は西鉄ストアでいっぱいだった。そして、階段を降りて歩道に出ようとした時のことだ。

 

 

キキィィィィーーーーーーーー!

 

気づいた頃には、時すでに何とやらだ。

猛スピードで迫り来る自転車と衝突してしまった。

 

だがどうしたものだろう。不思議と全然痛くない。道端に倒れ込んだものの、勢いに押されて倒れ込んだだけなので、全然痛くないぞ。

でも運転していた学生らしき男性は全力で謝ってくる。確かにこの場合でも自転車が悪くなっちゃう。

でも、自分に非があるのは明らかだったし、大げさにコケちゃったりして、なんだか逆にごめんなさいという気分だった。向こうが謝る中、僕も謝り返すという、よくわからない構図が生まれた。しばらくの間、「大丈夫ですか?」と「ごめんなさい。」の応酬を繰り返す。

お互い起き上がってからも、そのやり取りは続く。

「ああ、生徒じゃなくて僕でよかった。入り口から出るときは、注意して出るように言わないとな。身をもって危なさを体感したし。」

とかそんなことを考えながら、

「本当になんでもないです。大丈夫です。」

の一点張りで、ぶつかった男性にはどうにか去ってもらった。

 

自転車で走り去る男性の後ろ姿を見届けながら、僕はふと我に返った。

「そういえばなぜ俺は階段を降りたんだ。。。。。」

 

、、、、、、、、、、、

 

 

「あっ。」

 

すぐさま携帯の時計に目をやる。

 

 

22時56分。

 

 

 

 

 

僕は何事もなかったかのように塾に戻ったのであった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。