• 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

中学部

進学塾「俺のお墨付き」では、

高い学力を身につけ、

福岡高校、香住丘高校、新宮高校などの

難関公立高校へ進学することを

目標にしています。

 

 

通常授業の方針

通常授業の進め方

「俺のお墨付き」では学校の授業より少し早い進度で授業をしています。

あらかじめ授業内容を理解していた方が学校の授業がより頭に入って来やすくなるからです。

 

また、内容も福岡・香住丘・新宮高校のようなトップ校を目指す子のためのレベルの高いものとなっています。

学校の授業では物足りない子、高いレベルで頑張りたい子にはもってこいです。

 

集団授業でありながら、1人の疑問点に対してもしっかりと一度立ち止まって説明をします。

誰かの疑問がいつ自分の疑問になるかわかりません。

だからこそ、一つの疑問が生まれたら、その場で全員で共有した上で解消していくのです。

 

 

定期テスト対策

定期テスト前にテスト対策の授業は行なっておりません。

ましてや、学校ごとの過去問対策なども行いません。そのやり方で点数を取ることを覚えてしまっては、範囲の広い高校入試やその先の大学入試で必ず痛い目にあいます。

 

テストに向けていつの時期からどういった対策を打つべきなのかを細かく指導した上で、一番重要である自学に重きをおいたテスト対策を行います。

テスト前は変則的な時間割で、半強制的に自習をしてもらいます。

 

 

 

全教科を通しての目標

完璧にすることの徹底

「日頃の小テストはどうでも良いから、定期テストだけ良い点取れたら良いな〜。」

、、、考えが甘すぎます。愚問ですが、日頃の小テストと定期テスト、どちらが範囲が広いですか?

そうですよね、定期テストに決まっています。小テストでさえ満点を取れないようならば、定期テストで高得点など夢のまた夢です。

だから僕はこだわります。日々の授業から完璧にすることに。日頃の小テスト、もっと言えば、宿題や授業内での口頭テスト、全てにおいて完璧を目指そうと言い続けます。

 

 

勉強の定着

イタタな勉強法

よく定期テスト前になると「イタタな勉強法」をしだす子がちらほら見受けられます。

 

代表格の、ノートにまとめただけで勉強した気になる「まとめノート至上主義さん」に始まり、同じ単語を何度も何度も繰り返し続ける「単語ひたすら練習くん」や、ワークの答えをまる写しただけで終わる「ワーク丸写し子ちゃん」などなど。

そう、ここまで聞いて冷や汗をかいてるあなたに言ってるんですよ(笑)

 

これらは全て「手の筋トレ」にしかなっていません。

全くもって時間の無駄です。(手の筋トレがしたいならもっと効率良い方法があるので。)

ただやった気になって、成果に結びつかない勉強はさせません。

 

 

イタタな勉強法からの脱却

では具体的にどうしたら良いのか。僕の塾では『勉強』および『作業』を以下のように定義づけています。

 

勉強:できないことをできるようにすること

作業:できることとできないことを分けること(勉強のための準備)

 

よく、「勉強はしているのに成果が出ないんです」という子がいます。

その子たちは大抵、『作業』の段階で終わってるんですね。できないことが何であるかがわかったら、そこからの『勉強』が重要なんです。

その『作業』と『勉強』を明確に区別してもらった上で、『勉強』とはどうあるべきなのかを定着させていきます。

 

 

入試を戦い抜くこと

高校入試を戦い抜くための勉強法から心構えまで、全てのサポートをしていきます。

志望校が決まれば目指すべき目標は見えています。あとはそこに向けた対策をしていくだけです。

 

ただ、定期テストとは違い膨大な試験範囲であるため、「適切な勉強法」でなければ、途方に暮れてしまいます。

しっかりとこちらからアドバイスをしていくので、それに沿って淡々とこなしていきましょう。

 

また、「適切な勉強法」で勉強していくことは大事なのですが、それよりももっと大事なことがあります。

それは「適切な勉強量」を確保することです。

いくら公立の良い勉強法をとったところでそれ相応の勉強量を積まなければなんの意味もありません。

水泳において、どんな名コーチに習おうが、自分で泳ぐ練習をしなければ泳げませんよね。

 

「適切な勉強法」を学んだ上で、「適切な勉強量」を積んでいきましょう。

受験までの道のりは長く険しいものです。でも、だからこそ頑張るだけの価値はあるものです。

 

「受験を乗り越えた先に見える、これまでとは違った景色を生徒たち一人一人の目で見てもらいたい。」

そう僕は思っています。

 

 

 

こんなお子さんにオススメ

  • 福岡・香住丘・新宮高校のようなトップ校への進学を目指す子
  • 高い内申点をとっておきたい子
  • 勉強習慣を定着させておきたい子
  • 学校の授業では物足りない子
  • 自分を高いレベルに引き上げて頑張りたい子

 

 

 

時間割

前期時間割

 曜日時間
小5(2or3教科)月・木17:15-19:10
小6(3教科)火・金17:15-19:10
中1(2教科)月・木19:30-22:00
中2(2教科)木・土木19:30-22:00
土18:00-20:35
中3(5教科)火・水・土火・水19:30-22:00
土18:00-22:00
4月から夏休み開始まで

 

 

後期時間割

 曜日時間
小5(2教科)月・木17:15-19:10
小6(3教科)火・金17:15-19:10
中1(2教科)火・土木曜19:30-21:45
土曜18:00-20:25
中2(2教科)木・土火曜19:30-22:00
金曜19:30-21:45
中3(5教科)月・水・金・土平日18:30-21:40
土曜 12:30-20:15
9月〜2月末

 

※今後変わる可能性があります。

 

 

 

入塾までの流れ

無料体験授業の予約

この塾に興味を持たれた方は、体験授業の予約をしてください。

その際に、お名前、学校と学年を教えてください。

 

 

お問い合わせはこちらから↓
TEL:080ー4275−4104

Mail:o.sumi.tsuki1@gmail.com
お問い合わせページ:こちら
LINE ID:@osumitsuki
(@をお忘れなく!)
友だち追加

 

 

無料体験授業の受講

実際に授業を受けて、雰囲気を体感しましょう。

できれば、保護者の方も一緒に来てください。

この時に、塾のシステムについて簡単にご説明させていただきます。

安心してください、勧誘は一切行いませんので

(勧誘をしない理由はこちらを参照ください。)

 

 

入塾希望のご連絡(入塾希望の場合のみ)

入塾希望の場合のみで結構です。

お断りの場合は連絡していただく必要はありません。

断るのにも、エネルギーが必要ですからね。

その際に、次回の三者面談の日程を決めます。

 

 

入塾面談

塾のルールや持ち物の説明、初回受講日決めを行います。

また、入塾前に最後の意思確認をします。

 

 

受講スタート

一緒に賢くなっていきましょう!

僕は頑張る子を全力でフォローします。

塾の内観

 


 

ごめんなさい

そうは言っても集団授業です。学力にあまりに差がある場合、授業の進行に障害をきたしかねません。そうなってしまっては、僕としてもお金をいただいて、授業をする資格がなくなってしまいます。そのため、学校の定期テストの点数が平均点以上の子に限定させてください。小学生は体験授業の際に、こちらが集団授業に適していないと判断した場合はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

また、『俺のお墨付き』では少人数集団指導形態のため、定員制を採用しています。学年ごとに席数に限りがありますので、定員に達した場合は募集を打ち切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

料金

通常講習料金

 3月〜8月9月〜2月3月(受験)
中学3年生(5教科)¥27,500¥33,000¥16,500
中学1・2年生(2教科)¥19,250
※3月より新学年となります。

 

 

季節講習料金(春期・夏期・冬期特訓)

 春期特訓夏期特訓冬期特訓
中学3年生(5教科)¥13,200¥38,500¥19,800
中学1・2年生(2教科)¥7,700¥19,800¥9,900
※季節講習の参加は必須です。
※料金は春期特訓が4月分(3月末)、夏期特訓が7月分(6月末)、冬期特訓が12月分(11月末)の通常料金に上乗せになります。

 

注意事項

※上記料金は全て税込表示です。

※入塾金は16,500円(税込)です。(兄弟割引あり)

※教材費は実費でいただきます。

※月謝は前月28日に指定口座より引落とさせていただきます。

※中3生は模試代3,300円(税込)/回が必要です。

 

 

退塾と返金について

退塾について

退塾希望の場合は退塾希望月の15日までに、退塾の旨をお知らせください。それ以降の返金は受け付けませんので、ご了承ください。

 

 

返金について

返金は一切受け付けておりません。

 

 

お問い合わせはこちらから↓
TEL:080ー4275−4104

Mail:o.sumi.tsuki1@gmail.com
お問い合わせページ:こちら
LINE ID:@osumitsuki
(@をお忘れなく!)
友だち追加