2019年5月27日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

テストで奇跡を起こすぞー!

大谷翔平選手がメジャーの新人王を獲得した。

日本人選手では野茂、佐々木、イチロー選手に続く4人目の快挙で、二刀流としては初の受賞だそうだ。

 

僕はそんなに野球に詳しくなくて、小さい頃は「4番でエースが一番かっけぇ〜」程度のことを思っていたぐらいだから、二刀流の凄さが素人レベルにしかわからない。

でもこれまでのメジャーの歴史を見ても、ベーブルース以来の二刀流で、新人王獲得が初めてともなると、大谷選手の偉大さを改めて感じる。

 

今、中学生は期末テストを明後日に控えている。

3年生は最後の定期テストということもあり、並々ならぬ思いで望んでいる。

学校が終わったらすぐに塾に来て、塾が閉まる22時まで自習をして帰る。

最近はずっとこんな生活だ。

プロ受験生になりつつある。

 

そのうちの一人は、今回のテストで自己最高点を大幅に超える点数を目標にしている。

その子に僕は、こう言っている。

「今回の期末テストで奇跡を起こそうね」

って。

 

こんな言い方をすると、はなから無理な勝負かよ、とか思われるかもしれないが、そういうことではない。

 

ここでいう奇跡とは『みんなが無理だと思っていることを実現させること』だ。

その子は学校で友達に目標点をいうと、

「〇〇(その子の名前)にその点数は無理だよ。」

とよく言われるらしい。

 

だから僕は言っている。

「これで目標点取ったら正真正銘の奇跡やから!」

と。

 

これまでに身近なところでたくさんの奇跡を見て来たからこそ、今回も決して不可能ではないと思っている。

だからと言って、簡単なことではない。

僕もできる限りのことはしたいと思う。

あとは本人が頑張ってくれ!

 

大谷選手も、(怪我の影響があり )一年を通して試合に出ていないことが今回の新人王先選考の際にはマイナスポイントになったらしい。

それでも、二刀流での活躍が高く評価され、今回は選ばれた。

みんなができると思っていなかったことをやり遂げ、奇跡を起こしたからだ。

大谷選手が成し遂げたことに比べたらちっぽけかもしれないが、中学生にとっては大きな一歩だ。

 

ぜひとも奇跡を起こしてほしい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。