2019年4月22日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

知識は人生を豊かにする

今日は14時から新中1の授業なのだが、30分前ぐらいからぞろぞろと来だして、みんな何かしらの勉強をしている。

最初に来た子が静かに勉強しているもんだから、後から来た子も何か勉強しないとと、勉強を始めだす。

やっぱり教室の雰囲気って大事だなぁ。

(※注 僕は何も言ってないです。決して再テストが溜まってるから、みんなその勉強をしてるとかいうわけではありまs………)

 

 

 

学があるというだけで、人生の楽しみは確実に増えると思う。

 

例えば美術館。

僕が前にアメリカに行った時に、時間が少しあまったので、そこそこ有名だというボストン美術館へ行った時の話だ。

僕は美術だとか音楽だとかのアートの才能は全くと言っていいほどない。

授業中にササッと絵を書き上げてみたいものだが、なかなかうまくはかけない。

途中から諦めてお笑い路線に走るのがいつものパターンだ。笑

 

だからボストン美術館へ行った時も、僕の口から出て来る言葉は「すげー」とか「でけー」とか「うわー」とかばかりだ。(語彙力。。。)

せいぜい頑張ってみても、

「あ、モネ!聞いたことある!」

とか

「中学校の時の美術で名前を覚えたかも。。。」

レベルだ。

まあこれはこれで楽しいんだけど。

 

「似たような名前のサッカー選手と勘違いしてるんじゃない?」

なんて言われてしまったら、そんな気がしてきて急に自信がなくなる。笑

 

だからボストン美術館で過ごした時間も、終わってみれば美術館ウォーキングでした、みたいな感じだった。

 

でも中には、じっと絵を眺め続ける人やデッサンをする人、絵を前に涙する人までいる。

知ってるか知らないかだけでこれほどにまで違いがあるものかと。

 

知らなくても楽しいし、知っていても楽しい。

でも知識があれば知っている人の楽しみ方もできるし、知らない人の楽しみ方もできる。

知識は人生を少し豊かにしてくれるかもしれない。

 

 

 

 

 

僕は美術には興味ないので、勉強しないんですけど。。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。