2019年8月26日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

僕が金髪にした理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、おまっ、ちょっ、それはいくらなんでもふざけすぎだろ!」

 

って言われかねないので、もう少し詳しく説明しよう。

 

先週の火曜日、僕はホームページの写真よりももっともっと金髪になった。

元々はキャラ作りのために、イメチェンをしようと思って髪色を変えることにしたのだが、ようやく今の髪色で落ち着きそうだ。

 

3月末から僕の髪色は、茶色→明るい銀色→暗めの銀色と変化を遂げてきた。

 

茶色にした時は、ありきたりな感じがしてキャラを確立できる気がしなかったので、正直、あんまり好きじゃなかった。

 

それに対して、明るめの銀色。

これは個人的には結構好きだったのだよ。

毎朝、鏡を見るたびに、

「ああ、俺は今日もいかしてるなぁ。」

と思わせてくれる髪色だったのだよ。

 

ところがだ!

色落ちが早すぎるのだ。

5日と保たないじゃないか!

僕はみるみるうちに金髪になった。

(実際、銀系の薄い色は落ちるのが早いらしい。)

 

ある朝、鏡を見たときの僕。

「ああ、俺は今日もいかしてr……。これ、ただの金髪ジャーン。」

って感じだったわ。

 

ということで、次に美容室に言ったときのリクエスト。

「前回、3日ぐらいで色が落ちちゃったんですよ〜。(謎にちょっとだけ話を盛る)

 今回は、落ちにくい銀髪でお願いします。」

ちょっと困りながらも頑張ってみますとのこと。

 

そしてちょっと暗めの銀髪に。

ところがあまりに暗すぎるが故に、銀というよりはもはや黒に。。。。

せっかく明るい髪色にしたのに、また暗い髪色に戻った。。。。

 

 

 

 

僕は何度もシャンプーをして、必死に色を落とした(笑)

 

 

そして今月、もうどうせ色落ちして金髪になるぐらいなら最初から金髪にしようということで、僕は金髪にした。

 

相変わらずいかしてるなぁ。

 

ちなみに、この時から眉毛も脱色したので、もっと違和感がなくなっている。

(一体、君はどこへ向かっているんだ。。。)

 

やっぱり、一番に金メダルが与えられるんで、一番になりたかったら金髪じゃないとなぁ。

これが僕が金髪にした理由だ。

決してローランドの影響ではない。

 

毛根が限界を迎えるか、次なるキャラ変を遂げるまでは、しばらくの間、この金髪でいこうと思う。

まあ将来ハゲたとしても、

「髪の毛を脱色しすぎて見えなくなっちゃいました〜」

とかテキトーなこと言っとけばいいか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。