2020年1月21日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

勝ちたいなら手を叩くだけじゃダメだ

今週は火〜金までどこかしらの学校がテストなので、今日もバリバリ朝の8時半から頑張り中だ。

でもテストは全部の学校が同じ日程でしてくれると嬉しいなぁ(笑)

 

ということで、今日は大人気(?)連載シリーズ『俺の精神』の第4回だ。

このシリーズで書くことで、言葉が悪くなっても許される気がして、意外とこの口調にはまっているのであった。

 

※ということで今日も口が悪くなる可能性がありますが、あらかじめご了承ください。

 

〜俺の精神〜

第四回

タイトル:勝ちたいなら、、、、

 

俺は小中高とサッカーをしていた。

みんなも知っているだろうが、サッカーの試合中に応援歌を歌うチームもある。

 

俺の場合、中学校の時は部員が少なすぎて、全員ベンチ入りという状態だったから、当然のごとく応援とかあるわけもなく、本格的な応援があったのは高校からだった。

多くの曲の替え歌がサッカーの試合中に流れる。

その応援の中で、こんな歌がある。

「勝ちたいなら手を叩こう

 パンッ パンッ(実際に手を叩く)

 勝ちたいなら手を叩こう

 パンッ パンッ

 勝ちたいなら態度で示そうよ、ほらみんなで手を叩こう」

 

原曲はド忘れしたが、有名なあれだ。

ほら、あれだよ、あれ。

忘れたけど。

 

この曲自体は楽しくなるから、嫌いではない。

だが負けず嫌いの化身に取り憑かれた今の俺ならこう言いたい。

 

はっきり言おう。

 

 

 

 

 

本当に勝ちたいなら手なんか叩いてんじゃねーよ!

もっとできることあるだろ!

 

 

まあこの場合は、応援なので、実際にできることは歌うこと、手を叩くことぐらいしかないのかもしれない。

ツッコミが理不尽だよという意見にも少し耳を傾けよう。

 

しかし、これを勉強に当てはめて考えてみるとどうだろう。

 

よく、こういうことを口にする人がいる。

「あー、受かりたい。」

「なんだか受かりそうな気がします。」

 

はっきり言おう。

それだけでは無理すぎる。

 

さっきのサッカーで言えば、フィールドで戦っているプレイヤーが試合中に手を叩いている状況だ。

勝ちたいって思ってるから手は叩く。

でもサッカーをしない。

そんなのありえないよな?

 

でも、受かりたいって口にするだけのやつは同じことをしている。

本当に受かりたいなら、お前がすべきことは「受かりたい」と口に出すことか?

違うだろ。

勉強することだろ。

 

願えば叶うというかもしれない。

でも願うだけでは叶わない。

 

強く願い、行動したからこそ叶うんだ。

 

これは完全に偏見だが、

「あー、受かりたい。」

とか言ってるやつに限って、勉強してなかったりする。

 

「受かりたいなら勉強しろよ!お前は何を勘違いしてんねん!」

って感じだ。

 

願うだけで叶うなら、この世の中のみんなの夢が叶っているだろう。

願いながら行動にうつせ。

願いながら、目標達成のために努力できたやつだけが、夢を叶えられると思っている。

 

願え!

そして勉強しろ!

 

 

 

 

 

P.S.

そんな俺は今、痩せたいと願っている。

 

ただ、、、、、、

ただ、、、、、、、、、、、、、

 

願っている。

 

「あー、痩せたい。」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。