2019年12月6日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

マイルール

今日、ツイッターでこんな投稿を見た。

 

人生で差がつくポイントは

「ご飯を無料で大盛りにできますよ。」

と言われたとしても、

「ご飯少なめでお願いします。」

と言い続けられるかどうか、みたいなところにある。

こういうのは「意志の強さ」的な解釈がされるけど、「そうすることにしている」というマイルールにしておけば、意志の力はそんなに使わずに済む。

 

言葉は違うかもしれないが、こんな感じの投稿だった。

要は、大事なこととどうでもいいことの区別を明確にし、どうでもいいことにパワーを割かなくていいような仕組みづくりをしろということだ。

 

これには僕もはげどう(激しく同意)だ。

 

僕も日常的に決断を強いられる場面がある。

何時に布団から出ようか、昼ごはんには何を食べようか、ラーメンを食ったとしたら替え玉は何回にしとこうか、ご飯は大盛りにするべきか普通盛りにするべきか、夜ご飯は何時に食べようか、何を食べようか、、、、、などなど。

 

できるだけ、どうでもいいことの選択の時間は削り、仕事なんかの大事なこと(受験生だったら勉強)にパワーを使いたい。

そのためにマイルールを決めてしまえということだ。

 

受験生なら、

・友達に遊びに誘われた場合は、詳細を聞くことなく絶対に「ごめん無理だぁ。受験が終わったら誘って。」って笑顔で言う

・帰宅40分後までに食事、風呂等を済ませ、机について勉強を始めておかなければならない

・食事中20分間だけなら1.5倍速で録画したテレビ番組を見ていい

とかとか、色々決めておいて、勉強しようか、遊ぼうか、休もうかで悩むのにパワーを使うのをやめよう。

 

できるだけ、自分の点数をあげるためだけにパワーを使って欲しい。

 

 

 

 

 

ん?そんなお前のマイルールが気になるって?

飲食店に入ったらメニューに書いていなくても必ず「大盛りありますか?」と聞く。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。