2020年12月5日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

危機感を持つ

昨日の夜から今日にかけて、福岡県からの不要不急の外出自粛要請が出た。

事実、今の東京が2週間前のニューヨークと同じ感じらしく、2週間後に東京は今のニューヨークのような状態になる可能性が高そうだ。

 

ハンコ注射押したから大丈夫だとか、若者は大丈夫だとか、色々情報は出回っているが、どうして未知のウイルスに対してそんなに楽観的でいられるのだろうか。

 

僕らは感染する可能性がある人でありながら、感染させる可能性がある人でもある。

 

自分がうつらないからとか、自分は免疫力が高いからとかそんな次元の話ではないだろう。

 

僕の塾は幸いにも多くの子どもが一度にぎゅうぎゅう詰めになって授業を受けることはなく、それなりの感覚を保った状態で授業を受けることができるので、通常通り営業はしている。

それでも福岡市や福岡県から自粛要請が出れば、自粛することも当然考慮している。

現に今日は、大橋での授業だが、県からの自粛要請が出たので、オンライン授業で対応することにした。

 

それでもさっき昼ごはんと夜ご飯の買い出しに行ったら、それなりの人が外を出歩いていたし、飲食店や雑貨屋、それに塾も通常通り営業していた。

 

広がってからでは遅い。

思い切って外出禁止命令でも出してもいいんじゃないかな。

 

最近は授業の中でもコロナの話題は結構話しているのだが、僕は子どもたちにもこの現状をしっかりと理解してもらいたいと思っている。

まだ子どもだからとか関係なく、自分が大人の立場だったらどう考えるだろうか、どういう行動を取るべきだろうか。

大人に言われるがままではなく、今のうちから自分で考えて動く力を養ってほしい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。