2020年7月10日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

心のリミッター

早い学校では、来週から1学期期末試験が始まる。

今回は3週に渡ってどこかの学校が期末試験というなかなかにハードモードな1ヶ月だ。

1ヶ月ぶっ通しで土日は朝から営業するっていう超忙しい一週間になるけど、毎週誰かがテスト勉強を頑張ってくれる状況で嬉しいなぁ。笑

 

まずはじめに目標設定をする。

今回のテストでは何点とるぞ!と。

そして正しい勉強法で、正しい勉強量を積んでもらう。

 

圧倒的勉強量で僕らは勝つよ〜。

 

それに今回は休校期間中の過ごし方が試されるテストでもあると思っている。

君はどう過ごしてた?

どれだけの勉強ができた?

どんだけ頑張れた?

 

そう言ったことが問われるテストだね。

1年生はしょっぱなだから比べる対象がないかもしれないけど。

 

はっきり言って、うちの生徒たちはそこそこ勉強したよ。

なかなかのペースで授業を進めてきたけど、演習量もかなり積んでるからね。

テスト範囲に関しては、同じ範囲を少なくとも2回、多いところでは3〜4回はやっている。

 

子どもたちにプレッシャーをかける形に思われるかもしれないけど、そうじゃない。

休校期間中にやったことに胸張ってもらっていい。

その上で、この試験期間もしっかりと勉強して、勝つべくして勝とう。

 

自分が絶対に勝てると思う相手と勝負するときに「勝てるかなぁ。。。。」なんて思いながら戦わないよね。

「絶対に勝てる」って思いながら、自信持って戦うと思うんだよ。

 

今回もそう。

「順位上がってるかなぁ。」なんて思わなくていい。

上がってるから。

「順位どこまで上げられるかなぁ。学年一位になる未来が見えてきたなぁ。もはや学年一位の枠を飛び越えて宇宙一位とかいう称号を手に入れてしまったらどうしよう。」

それぐらいの気持ちで取り組んでほしい。

 

学年一位取るような子は「学年一位取れたらいいなぁ。」とか思ってないからね。

「絶対に取る」って心に決めて勉強してるわけよ。

そしてとっちゃうわけよ。

まずは心のリミッターを外すことから始めよう。

 

テストを受ける前から、頑張る前から、勝手にみんなの順位を決めないで。

ということで僕もがんばっちゃお。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。