2020年10月22日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

印鑑先生

この週末で夏期特訓期間が終わり、ひと段落、、、、

かと思いきや、早いところで9月の2週目から2学期中間テスト。。。

今年は合唱コンとかがないなら、もうちょっと遅くても良いんじゃないのかい?とも思うけど僕が言ったところでなので、口を閉ざす。

しかも早いところで、、、なので、今回の中間テストも3週連続。。。。

 

全然そんなことは意識してないのだろうけど、これは新手の塾側への嫌がらせなんじゃないかな。。。

 

違うか。笑

 

学校側としても進捗が一緒なら学校間で情報共有ができて良いと思うんだけどなぁ。

教育委員会とかがもうテストの予定まで決めちゃえば現場の先生たちの負担も減るのに。

というかこの際、勉強の進度も全部決めちゃえばいいのに。

 

まあ僕にはわからない問題が生じるんだろうなぁ。

難しいぜ。

 

 

昨日、印鑑登録をするために東区役所に行ったんだけど、区役所のまあ人の多いこと多いこと。

待ってる時は喋らないからクラスターとかにはならないんだろうけど。

僕もなんやかんやで40〜50分ぐらいはいた。

 

印鑑とかその類は面倒だから、もうやめたら良いのに。

まあIT大臣がはんこ議連の会長をしているような状態だから、なくならないだろうなぁ。

 

3ヶ月に一回ぐらい思うのだけど、当たり前のことを当たり前と思うのはやめなければならない。

 

はんこにしたってそうだ。

はんこって必要?

せっかく技術革新が進んでるなら、はんこに取って代わるもっと便利なものにしようよ。

朱印船貿易の時から進歩してないじゃないか。

 

時には無駄なことが楽しいこともあるけれど、はんこに関しては良いところがない気がする。

まあ、中学校の卒業式の時に初めてはんこをもらった時はなんだかうれしかったけど。笑

 

小学校の時や中学校の時の提出資料も印鑑を押さなければならなかった。

同じようなことをしてるやつは何人かいたし、今もいると思うけど、僕は筆箱に常にシャチハタを入れていたので、手紙をもらったその日に印鑑を押して提出していた。

印鑑の意味なし。

 

今、周りにあることが本当そうあるべきなのかってのは、やっぱり定期的に考えないといけないと思う。

昔からこうだからとか、みんながそうしてるからとか、思考停止状態になってはいけない。

「本当にそれが良いの?」

ってのは常に考え続けなければならないな。

 

ああ、印鑑先生、気づかせてくれてありがとう!

 

 

追伸

区役所の人の印鑑の押し方がうますぎて、思わず「うまっ」って言ってしまった。笑

笑われたぜ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。