2021年1月25日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

インフルエンザ

今日は第5回県一斉模試〜。

塾で受ける判定の出る模試も残すところあと2回〜。

さてさてどうなることやら。

 

模試までの時間で僕らが子ども達にしてあげられることはあるけど、模試を実際に受けている時にしてあげられることはない。

してあげられるっていうとなんか偉そうだな。

できること。

 

実際に模試中であれば答えを教えてあげることはできるけど、本番は絶対そんなことできないから、模試でしても意味ないしねぇ。

そういうのを考えると、いかに受験までに僕らに何ができるかってのを考えながら過ごさなければならないなって改めて思う。

生徒たちの受験までのタイムリミットは、僕らのタイムリミットでもあるのだから。

 

 

今年はインフルエンザがすごいことになっている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20201205-00210138/

 

凄まじい感染爆発、、、、、、

 

 

どころか、昨年比の600分の1。

グラフなんかすごいことになってるからね。

 

青が昨年のインフルの報告数で、赤が今年のインフルの報告数。

 

 

、、、いやいや、赤の線なんてもはや横軸じゃん。

 

一瞬、グラフを作った人が間違えて横軸を赤色に設定したのではないかと勘違いしてしまったよ。

大学時代の、何度も先輩にグラフの作り変えを指示された時のトラウマが。。。。

「ここは◯pt(文字サイズ)って言ったやろ?」

 

「グラフの説明の英語がおかしい。」

(なぜかグラフや表だけ説明書きは英語でなければならない謎ルールに翻弄された。。。)

 

「お前、ここのグラフの横軸の太さおかしいって!」

 

「色が見にくい、作り直せ。」

 

 

うわぁぁぁぁぁぁぁ。

 

 

 

まあそれも今となってはいい思い出🖤笑

 

そんなこともあり、僕は勝手にこのグラフ作成者を昔の僕と重ねてしまっていた。

「ああ、気の毒に、このグラフを作った人も後で上司から怒られるんだろうなぁ。それに、Yahoo!ニュースなんていう、超大勢の人に見られる媒体で。。。。」

 

勘違いもここまできたら才能かもしれないが、実際はこのグラフは何1つ間違っておらず、本当にインフルエンザの感染者数が激減しているようだ。

 

なんでだろう?

 

・インフルの予防接種をする人が増えたから?

→確かに予防接種を打つことで無症状で症状が出ずに終わる人は増えたのかもしれないけど、予防接種自体に予防効果はないからなぁ。

感染する確率は変わらなくて、感染した時に症状を抑える効果なので。

 

どうやらこれが理由ではなさそう。

 

 

・昨年より寒くなる時期が少し遅いから、まだピークがきてないの?

→こればかりは昨年との気温の比較をしないとわからない。

よし、調べてみよう。

 

って思うほどには気にならなかったので、もう少し寒くなってから様子を見よう。

 

 

・感染症予防効果!?

→だといいよね。

そうだとすると、これからの未来に希望が持てるよね。

まあ、国をまたいだ移動が減ったからって言われたらなんとも言えない部分もあるけど。

 

 

でもそうなると地域の小さな病院とかは経営的にどうなんだろうとか考えたり、考えなかったり。

人の心配してないで自分の心配した方がいいのか??笑

 

 

まあ、そんなこんなで1つの記事からいろんなことが考えられるので、皆様も考えてみては?

子ども達にも、記事の情報だけに踊らされず、自分の頭でしっかりと考えられるようになってほしい。

 

 

、、、っていう感じでまとまりのないブログをうまくまとめてみた。

(いつもいらない余計な一言をしっかりとつけていくスタイル。)

 

では、中3生頑張れー!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。