• 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

自転車の話

1ヶ月ちょっと前に、自転車を買った。

 

ちょっとそこまで。

そんな外出時のために。

 

そこで色々考えたのだ。

どんな自転車に乗ろうかなって。

 

僕は小学生ぐらいから結構自転車に乗ってきた。

中学生の頃の近隣の中学校での練習試合は自転車移動だったから、30分ぐらいまでなら自転車で行っていた。

 

高校の時は自転車通学。

部活の練習試合も1時間ぐらいまでなら自転車で行っていた。

 

大学時代はあまり乗らなくなったけど、一度だけ3時間ぐらいかけてただのママチャリで大学まで行ったことがある。

足が棒になる感覚というのを久しぶりに体感した。笑

 

それから塾を開いて1年ぐらいは結構自転車に乗っていた。

最初の広告配りは自転車での移動だったなぁ。

一人暮らしをしたばかりの頃は家の中に洗濯機さえなかったので、チャリでコインランドリーに行ったものだ。

懐かしい。

 

それから全然乗らなくなって、前の自転車は捨てたんだ。

 

だけど最近、運動不足を感じていたのと、急に自転車が欲しくなったのがあって、自転車を買ったのだ。

 

 

僕が自転車を選んだ基準は1つ。

「かっこいいかどうか」だ。笑

 

 

全力で漕いだり、長距離移動をしたりってことはないので、ギアチェンジなどいらない。

スピードも出さなくていい。

基本的に荷物は少ないので、自転車にカゴはいらない。

 

ただ、見た目だけで選んだ。

 

 

写真がないので、僕の自転車を見せることはできないのだが、タイヤが太くて、かっこいいやつだ。

 

そんな自転車を買う際の、店員さんとの会話。

 

僕「これがいいなと思っているんですけど、どうですかね?」

 

店員さん「はい、これはビーチクルーザーと言って、アメリカの海岸沿いで大柄なアメリカ人さんたちが、ゆっくりと乗られるような自転車です。」

 

(機能性はどうでもよかったので、全く問題ないなぁ。)

 

僕「いいですね。僕、全力で漕いだりしないので。僕の移動ルートに坂道もないですし。」

 

店員さん「見た目も奇抜なので、盗まれにくいですよ。奇抜なのは泥棒も嫌がるので。」

 

 

(泥棒にも敬遠される見た目。。。。)

 

(いいじゃん。)

 

僕「じゃあ、これもらいます。」

 

 

 

みたいな感じで決まった。

 

買って乗ってみたら、ブレーキの効きが若干弱いような気がしてならないが、まあ問題ないだろう。

そもそもそんなにスピードを出す想定じゃないから、ブレーキの効きが甘いんだろう。笑

まあいいや。

 

 

そういうことで、変な頭の色で変な自転車に乗っているやつがいたら、それは高確率で僕です。

それではさようなら。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。