• 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

苦しい時こそチャンス

いやぁ、自習の休憩を挟むタイミングでの「はい、休憩取ろうか。」の時に、ビクッ!!!ってなる感じが良いなぁ。

集中状態からの解放というかなんというか。

ああ、集中してんなぁって感じがビシビシ伝わってきて嬉しい。

 

ということで、僕のブログを心待ちにしている、僕のブログ読者の方々のために、今日はサービスでもう一個書こうと思う。

 

やめてー!自意識過剰とか言わないでー!

 

 

過去の自分に打ち勝て系に続いて、苦しいと思った時がチャンスという内容で書きたい。

 

過去の自分に勝とうと思ったら、何か少しでも過去の自分を越えなければならない。

毎日10問解いていたところを11問にするとか、毎日1時間勉強していたところを61分にするとか。

 

昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分って感じで。

 

だからこそ、苦しいと思った時がチャンスだと思って行動して欲しい。

 

それはなぜか?

人が苦しいと感じる時というのは、いつも通りの壁を破ろうとしているからだ。

 

たとえば、今日から僕が毎日1キロ走ることにしたとしよう。

僕の今の生活の中で走ることなんてないので、そりゃ最初は苦しむだろう。

 

いつも通りなら走らない生活をしていたはずなのに、僕はいつも通りの殻を破って成長しようとしているのだから。

 

そうして僕はちょっと成長するだろう。

 

そこから1ヶ月も経てば、きっと僕は1キロ走ることに慣れていると思う。

学生時代の部活の練習を思えば、1キロなんてわけないからね。

 

じゃあどうなると苦しいと感じるようになるか。

距離を伸ばしたり、ペースを速めたり。

 

この瞬間から、僕のいつも通りが崩れるんで。

きっと苦しいと思う。

だけれども、それが成長している証なんじゃないかな。

 

これまで通りの勉強では、これまで通り以下の成果しか見込めない。

成績をあげようと思ったら、何かを変えないと。

 

これまでの何かを変えた時、きっと苦しいと感じると思う。

でもその時はチャンスだと思って欲しい。

 

「ああ、今の自分はこれまでの自分から変わろうと努力してんだな。」って。

 

テストが近づいているだろうけど、今この瞬間からでも遅くない。

変わろうと思って努力したもん勝ちだ。

 

苦しい時こそチャンス。

苦しみも楽しむぐらいの勢いで頑張って欲しいと思う。

 

では、今日はこれにて終了。

テスト勉強頑張れーーーーーーー!!!!!!!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。