• 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

とあるサッカー少年と受験生

たとえばこんな子がいたとしよう。

現在高校2年生の男の子。

 

小学生の頃からゆるくサッカーをやっていて、今の高校でも一応レギュラーとして試合に出ている。

ただ、高校自体は県大会出場は厳しく、だいたい地区予選で1、2回勝てればいいかなぐらいの高校だ。

 

練習もそんなにハードではなく、週に2回は確実に休みがある。

1回の部活も2時間あるかないか程度。

部員たち的にも、高校サッカー選手権(各県から1校出れる全国大会)に出るぞ!みたいな感じでは全くなく、楽しくサッカーできたらいいなぁって感じ。

 

その男の子も同じような感じで、部活の時間以外では特に練習することもなく、家に帰ったら学校の課題を済ませて、あとはスマホをポチポチ。

 

もちろん架空の生徒なので、こんな子は存在するかもしれないが、僕の近くには存在しない。

 

全然話は逸れるけど、そもそもサッカーしてる生徒が少ないんだよなぁ。笑

2人ぐらいしか思いつかない。

 

とまあ話を戻して。

その子がある日、こんなことを言ったとしよう。

 

「僕、プロのサッカー選手になりたいです。」

 

おおお。

熱い指導者なら、サッカー少年の気持ちに応えたいと思い、張り切るかもしれません。

 

でも、その後に少年は続ける。

「でも、練習量は増やしません。週に2日は休みたいです。部活の練習の後も、、、、まあ30分ぐらいなら時間が取れるかなぁ。」

 

おっと。

 

「普段の生活を考えると、あと30分ぐらいしか時間は取れそうにありません。」

 

一つ付け加えておくが、彼は飛び抜けて身体能力が高いわけでもなく、抜群にサッカーIQが高い、、、、なんてこともない。

背がめちゃくちゃ高いわけでもなければ、めちゃくちゃ筋肉質とかでもない。

ごくごく普通の高校生男子だ。

 

ここまで聞いたみなさんは絶対に思うはずだ。

諦めろと。

 

僕も言いたい。

諦めろと。

 

だが、これが普通にまかり通ってしまうのが勉強の世界なのだ。

 

「毎日勉強してる(2時間ぐらい)けど伸びないんですよね。」

「せめて国公立ぐらいにはいってほしいんですけど。」

「東京の、、、、MARCHぐらいには行きたいなって考えてます。」

 

スポーツの世界だと、努力を積まない人は上にいけないということが当たり前のように受け入れられるのに、勉強になるとなぜに簡単に上にいけると思っているのか。

 

君が溶かした1時間で、何個の英単語が覚えられるだろうか。

君の一生懸命頑張ったの基準は、隣の成績上位者の頑張ったの基準に達しているだろうか。

 

一生懸命やったけど結果が出ない?

君よりも20点、30点、40点と上をいく子たちと、同じ努力を積んだと言えるかい?

テスト前だけじゃないよ。

生まれてから今日までだよ。

 

高校受験でもそうだけど、特に大学受験生によく見られるかなぁ。

 

まあ、文句みたいになってしまったが、最後に一つだけ言いたい。

僕は途中で、架空のサッカー少年に諦めろと言ったが、それは夢を諦めろ以外にもう一つの意味がある。

 

それは、普通の生活を諦めることだ。

サッカー選手になりたければ、サッカーに全てを捧げて生きてほしい。

いつもいつもサッカー選手になることを考えて。

 

勉強も、それぐらいの覚悟持ってやってほしいなぁ。

僕はそんな子たちの力になりたい。

 

ということで今日はここまで。

ではではまた明日。

コメント一覧

らもきち2022年6月23日 12:48 PM / 返信

有難うございます! そして、3年越しの福岡訪問…来年までにという目標にしていますので、お邪魔した際には是非お願いします

    すみ2022年6月23日 1:06 PM / 返信

    ぜひ来てください! 歓待しますので!

らもきち2022年6月23日 12:00 PM / 返信

すみ先生、お久しぶりです! この記事、リンクさせて頂きます!素晴らしい記事です!

    すみ2022年6月23日 12:23 PM / 返信

    お久しぶりです! いくらでもどうぞ!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。