2019年6月20日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

魂が震える瞬間

今日は急激に寒くなった。台風が近づいているということもあり、その影響が少しはあるのだろうか。

とりあえず電気代も浮くし、涼しいし、色々とハッピーだ。(小さい男なので、電気代の喜びは大きい。)

 

そんなこんなで、今日は魂が震える瞬間について考える。こいつ何言ってんだって思うかもしれないが、要は、激しく心を動かされる時だ。

僕は、本やテレビ、映画を見て泣いたことはないので、自分がいる場所とは全然違う場所で起きている何かについては、全然感動とかしないんだと思う。(僕を泣かせそうな作品があれば教えてください。)

でも、目の前で起きている感動的な出来事には、よく感動する。そこは意外に涙もろい。胸が熱くなるってやつだ。

人が幸せになっている瞬間なんてのは、見ていて非常に清々しいものだ。それに対して共感できる完成は一応携えている。

 

さて、魂の震えについて考えた時に、僕は最近そういう体験が少ないような気がしてならない。こればっかりは「魂震えさせるぞ!」って思って震えるものでもないので、難しいのだが、一つ言えるのは頑張っている瞬間や頑張った後にこそ魂が震える瞬間が待っているということだ。

開塾したばかりの頃は、広告を配って、問い合わせの電話が来るたびにいちいち感動していた。一件一件電話がかかって来るたびに言葉では言い表せないようなものすごい感謝の気持ちを抱いていた。(慣れない電話対応で無愛想だったかもしれません。そこはご愛嬌ということで。笑)初めて書いた広告だったし、自分が香椎で受け入れられるのかとかいろんな不安も重なっていたので、とにかく嬉しかったのを覚えている。

 

だが最近はどうだろうってことだ。そういう機会が激減している。これは凄まじく好ましくない状況だ。頑張っているか頑張っていないかでいうと、自分なりには頑張っているつもりかもしれないが、結局それが前ほどではないということだ。

 

ここで、僕の話ではないが、生徒にあった、最近、魂が震えたに違いないエピソードを紹介する。

今回の中間テストでのことだ。

最近入った中2の女の子で、2年生になって以来、勉強をサボってしまった子がいる。その子は、どうにか今回こそは頑張りたいということで、一生懸命に勉強していた。その姿は、前まで全然していなかったというのが嘘のような集中力だった。

 

そして今日、その子の成績が全部返ってきた。もちろん前回より上がっていた。しかも5教科で90点近く上がっていて、勉強していた1年生の頃の自己最高点も軽々超えてくれた。

こういう話をすると、塾に入ったから上がったんでしょ?なんて勘違いをする人がたまにいるが、全然そんなことはない。もはや僕なんて自習に呼んで、応援してただけだ(笑)完全に自分自身の力で成績をあげてくれた。

 

そんな彼女に周りの反応を聞くと、テスト前とあとでガラリと変わったという。先生や友達、家族から褒めちぎられたとのことだ。お母さんなんて、嬉しさのあまり涙を流してくれたというのだ。

これは彼女にとって、本当に意味あるテストになったに違いないと思う。

自分で頑張ると決めて目標をたて、自分の力でそれを達成した。

そしてテスト前後での周りからの評価が180度変わるということを身をもって体感した。

お母さんの涙を見たときなんてのは、きっと魂が震えたに違いない。

 

この成功体験はこの子にとって絶対に大きな自信になる。次が重要なので、また頑張って欲しい。

 

 

ああ、僕ももっと頑張らねば。魂が震える瞬間を目指し続けたい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。