2020年10月22日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

ホタテ

上はシャカシャカ系の上着、ズボンはサーフ系の半パン、靴は素足にビーサンな男の子。

上半身と下半身の季節感のギャップがすごすぎるぜ。

 

ニット帽かぶってセーター&コートでも、半パンに裸足で来そうな勢いだな。

 

僕もまだ半袖の気合い入ってる系なので、子どもたちと半袖サバイバルでもしとくか。

 

10月いっぱいはいけそうだな。

 

 

昨日のスーパーでの出来事。

ユーチューブで見ていた動画に影響されて、ホタテが食べたくなった。

ホタテを焼きながらバターを乗せて、じんわり焦げ目がついたら、醤油につけて食べるという。

見るだけでホタテが食べたくてたまらなくなったので、もはやあれはテロ動画。

デブのデブ化を加速させるテロ。

もはや犯罪級(の影響力)。

良い意味で悪影響という最大の矛盾。

 

どうしようもなくなった僕は、たまらず行きつけのイ◯ン系列のスーパーへ。

頭の中がホタテでいっぱいで当時はきっとホタテのことしか考えていなかった僕。

店内に入ってからホタテ売り場に直行。

といきたかったのだが、普段ホタテなんて買わないのでちょっと迷ってホタテ売り場へ。

(この前は卵売り場さえ探した。)

 

そこにはなんとラスト一個のホタテが!!

ホタテを前に、ホタテを焼いてバターを乗せ、醤油をつけてから口に運ぶ姿をイメージ。

ビールで流し込む姿まで鮮明に思い描いていた。

「ああ、うまい。」

なんて言いながら口を拭う自分の姿がありありと想像できるではないか。

念願のホタテにありつけた喜びを噛み締めながらホタテに手を伸ばそうとした次の瞬間。

 

すっ。

隣にいたおじいちゃんが俺のホタテに手を伸ばし、俺のホタテを横取りしたではないか!!!!

 

※注 俺のホタテではありません。スーパーのホタテです。横取りでもないです。

 

 

泣いた。

俺は泣いた。

心の中で。

 

夢にまで出てきていたホタテのバター醤油焼きは、もうあと一歩のところまできていたのに。。。。

もはや手を伸ばすだけだったので、あと0歩だったのに。。。。。

 

何事もスピードが大事。

ホタテから学んだ1日だった。

 

 

※きっちり次のスーパーで手に入れました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。