2019年3月23日
  • 福岡市東区香椎にある、小学生、中学生、高校生を対象とした進学塾

卒塾旅行!!!

長らくブログをお休みしておりました。

僕のブログファンのみなさま、お待たせして申し訳ありません。

みなさまが楽しみにしている自由気まますぎる僕のブログの再開です。

 

 

(シーン。。。。。)

 

 

 

 

※お問い合わせ等の対応も、明日からまた特技の高速レスポンスで頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

卒塾旅行から2時間ほど前に家に帰ってきた。

写真を生徒たちに送ったり風呂に入ったりでなんだかんだでこんな時間になってしまった。

 

今年もカンボジアへ行ってきた。

大学時代も毎年、計4回卒塾旅行の引率としてカンボジアへ行った。

今年は数は少ないが自分の塾の生徒も連れて行くことができた。

子どもたちが何か一つでも気づきをえて、今後に活かしてくれたら嬉しいなぁ。

 

 

ああ、今年もカンボジアはよかったなぁ。

刺激は最初ほどはないけど、毎年、僕の心をリセットしてくれる。

「また一年頑張れよ」

と言わんばかりに。

 

そのカンボジアの旅行の中で、現地で働く日本人起業家さんの話を聞いたのだが、その時にお話しされた資本主義と社会主義の違いを表す表現が特に僕の心に印象に残っている。

「資本主義は機会の平等。社会主義は結果の平等。」

なるほど。

 

資本主義国家を生きる僕らには挑戦する権利、努力する権利はいくらでもあるのだ。

チャンスは平等に与えられている。

それに対して、カンボジアをはじめとする世界の発展途上国の中には、努力する機会さえ満足に与えられない人だって大勢いるわけだ。

 

最高の環境にある僕らが勉強頑張んなくてどうするんだよと。

 

機会は平等に与えられているのだ。

結果に不満を言う前にまずは挑戦しよう。

そして努力しよう。

 

自分への戒めの意味も込めて、今日はこれで終わりたいと思う。

また気が向いたら、卒塾旅行のことについて詳しく書こうかな。

 

 

とりあえず今日は明日の公立高校入試の結果発表に向けてドキドキしながら、寝たいと思う。

まあそうは言っても、結果はどうあれこれから頑張り続けると言う事実は変わらない。

明日は、自分のこれまでの努力の結果を受け止めて、これから前に進むための1日にして欲しいと思う。

 

では、日本の夜にチョルモイ(カンボジアの言葉で乾杯の意)!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。